Qualcommグループは、ダナンに研究開発(R&D)オフィスを開設するための取り組みを促進
日付を公開 15-03-2024 10:10, Lượt xem: 5

2024年2月25日から3月5日までの米国-台湾の出張の枠組みで、現地時間3月1日、ダナン市代表団は米国カリフォルニア州サンディエゴにあるQualcommグループの本社を訪問し、会談を行った。これは、2024年1月11日にQualcommグループの上級技術副社長であるAn Chen氏がダナン市を訪問して直接調査を行った後、ダナンとQualcommの間で行われた具体的な2回目の協力活動である。代表団の受け入れと共同作業には、Qualcommグループの技術副社長であるBaaziz Achour氏と、AI、半導体技術、人事、法務を担当する副社長が参加した。

会議では、ダナン市代表団は、ダナンが投資を引き付け、企業に有利なビジネス環境を構築するための強みを紹介した。特に、発展したインフラ、高品質な労働力、魅力的な投資支援政策が際立っている。

現在、市は、半導体および集積回路分野の知識人を引き付けるための2つの特別方針決議を策定している。これらは、関連者に知識と技術を転送するための方針と、市内で半導体および集積回路の分野で学習し、トレーニングする人々を支援するための方針である。

さらに、市は2024年初めに半導体設計および人工知能(DSAC)研究訓練センターを設立しました。このセンターは、これらの分野の開発を推進するために企業や投資家との共同作業に備え、資源を迅速に受け入れるための準備を整えている。同時に、ソフトウェアパーク第2地区のインフラも整備が進められ、企業や組織がここに拠点を置けるようになっている。

また、ダナン市のダナン工科大学、韓国情報通信大学、ダナン技術師範大学、Duy Tan大学、およびFPTダナン大学の大学連盟も設立され、地域の半導体設計および人工知能の労働力育成の協力を強化している。

Qualcommグループは、2024年にダナンソフトウェアパーク第2地区(第1段階)にAI研究オフィスを開設する計画があり、これに関連してDSACセンターや投資推進・支援委員会に対し、QualcommがR&Dオフィスの開設を実施するための支援窓口を提案している。

市の指導者は、QualcommのR&Dオフィスの設立を最大限支援することを約束し、同時に、ダナン市の人材にQualcommの認定資格に関連付けられた短期トレーニングコースを展開するためにQualcomm Academyと協力する。両者はまた、今後、半導体設計分野での創造的なイノベーションと才能発見のためのソリューションやコンペティションを共同で開催することに同意した。

この機会に、市の代表団は、Qualcommグループの最新かつ未公開の技術についての紹介を受けた。

Qualcomm Incorporatedは、1985年に設立された、米国の世界的な半導体企業であり、無線通信製品やサービスを設計および提供しており、本社は米国カリフォルニア州サンディエゴにあり、世界157か所以上のオフィスを持っている。

Qualcommは、チップデザインとAI分野において世界最大の収益を誇る企業の一つである。Snapdragonチップは、現在最も強力なチップの一つであり、Samsung、Sony、Xiaomiなど多くのスマートフォンメーカーの上位機種に統合され、製造および開発されている。2020年には、5Gチップセットの生産を拡大するために、Qualcommがベトナムおよび東南アジアで初のR&Dセンターを設立した。

XUAN HOAより

ĐÁNH GIÁ BÀI VIẾT

その他のニュース